薪ストーブのサイズは部屋の大きさではなくライフスタイルで選ぶべし

薪ストーブの暖房力は非常に強力ですので、一般的な家屋のサイズであれば、小さいモデルでも大きいモデルでもどちらでも問題なく使えます。
つまりリビングが12畳だろうと20畳だろうと、あまり関係ありません。 また、小型の薪ストーブであろうと大型の薪ストーブであろうと、実際に薪ストーブを設置するのに必要な広さは、実は然程変わりがありません。

薪ストーブの選び方は、物理的な広さなどではなく、ライフスタイルで選ぶのがおすすめです。

例えばですが・・・
1.メインの暖房として使うのか?
2.暖房を必要とする時間は一日にどのぐらいか?
3.料理などにも使いたいか?
4,燃ゆる炎のゆらめきを楽しみたいか?

炉内が大きいほうが、大きい薪がたくさん入ります。その分長持ちしますので、メインの暖房として重宝するというわけです。
また、家を空にする時間が少なく、長く薪を燃している必要がある場合も同じことが言えますね。

仮に両方とも当てはまらなくとも、料理などに積極的に使ってみたい要望がある場合も、天板部分が大きいほうが料理がしやすいです。
そして窓が大きいほうが炎のゆらめきがよく見えます。

薪ストーブのプロフェッショナルとして20年以上やってきた私としては、個人的には中型以上がおすすめです。
大きいと値段が高くなるというネックも確かにあるのですが、最初に小型サイズを買ったお客様が後に中型や大型に変えたくなるという要望を何件も見てきました。
やっぱり大きめのほうが使い勝手が良いのですよね・・・炉内の掃除もしやすいです^^

もしこの記事を見ている方が、初めて薪ストーブを導入する方であれば、どのように商品を選んだらよいか?等、悩むところは色々あるかと思います。 高価な買い物ですし、不安もあるかと思います。
些細なことでも結構ですので、ウッドライフにお気軽にご相談ください。 20年以上の自社施工を誇る当社なら、きっとお役に立てます!

9月1日から10月31日まで薪ストーブが今年一番お得に買えるセールを開催いたします。

買い替えの方は下取りOK、更に福島県より薪ストーブ購入設置に際する助成金が支給されておりますので是非この機会にご購入ください。

薪ストーブセール詳細
  • 関連記事
PAGE TOP