ログハウス専門ビルダー店として創業した、ウッドライフ。創業後、実際にお客様の声を聞きながら、肌で感じた要望に応えるため、大切なペットにも優しい「愛犬家仕様」を取り入れたり、デザインバリエーションの多い、「完全自由設計木造住宅」 そして、ログハウスの性能や長所を受け継いだ、医師も薦める超・健康住宅「ゼロ宣言の家」 と、取り扱い商品をグレードアップし成長してまいりました。

そしてこの度、大手ログハウスメーカーのTALOの代理店となりました。
福島県内では唯一の代理店となります(2019年11月現在) TALOのログハウスは設計やログ材のバリエーションが豊富で、自然素材の断熱材や自然塗料を採用し、有害化学物質ゼロの家づくりを目指している点など、ウッドライフのこれまでの「こだわり」や「考え方」とベストマッチします。

お客様の最大のメリットは、全国のTALOログハウスの施工例を参考にしながらプランを考えられるという点です。
たくさんの施工例を参考に、楽しみながら、お客様にピッタリのプランを一緒に考えてまいりましょう。
ログハウスって決まりきった間取りじゃないの?
お任せください、TALOのログハウスは完全自由設計です
※構造上、法規上、不可能な場合を除きます
TALOログハウスの自由設計は2type
完全自由設計
お客さまのご要望をお伺いし、⼀からプランニングを行ないます。世界に一つだけの個性的なログハウスが可能です。特殊な敷地条件、特別なご要望にも対応させていただきます。

 

モデルプランアレンジ
お選びいただいたモデルをご要望に合わせてアレンジいたします。TALO のモデルプランはたたき台です。⼤幅なアレンジが可能ですので、お客さまのご要望に合わせることが可能です。

 

耐震性や耐久性など、住まいとしての性能がご心配ですか?
大丈夫です、どうかご安心ください!
一般住宅以上の耐久性や耐火性、そして地震にもめっぽう強い建物です
木は驚くほど断熱性に富んでいます
いかに断熱性に富んでいるかは、氷点下30度といった寒さの続く北欧でログハウスが長い歴史をもっていることをあげるだけで、十分納得がいきます。
木は大変断熱性に優れ、熱伝導率が低いという性質があるため、 夏涼しく、冬はあたたかい、快適な住まい造りに適しています

 

意外なことに
木は不燃性に対しても優れています
太い木であれば、仮に表面が燃えても、木自ら炭化膜を形成するため、中まで燃焼することはありません。 鉄やアルミニウムは火災にあうと、軟化してしまい、強度が著しく弱くなりますが、 木は高温であっても、強度の低下はほとんどありません。

 

 

大地震に耐えうる耐震性
TALOの特徴である、木ダボ、妻面ログ積みで建築されています。ログを積み上げてダボと通しボルトで固定していくログハウスは、ねばり強く安全性の高い建物なのです。
木は高い調湿性能を兼ね備える
高温多湿な日本にピッタリの建材
昔からタンスに木が使われてきた理由は、その湿気調整機能にあります。 ログハウスは空気が湿ってくると、木が湿気を吸収してふくらみ、隙間をぴったりと密閉してしまい、 外部からの湿気をシャットアウトします。逆に室内が乾燥してくると、木に含まれていた水分を発散させて、快適な湿度を保つというわけです。
高温多湿の日本にあって、木ほどぴったりな建材は他にありません。 さらに、木は湿度変化が急激ではない上に、吸湿性があるため、結露の心配が非常に少ないのです。
身体に優しい健康住宅
シックハウス症候群にみられる住宅建材の化学物質が、社会問題化している現在、 ログハウスが健康住宅として注目されています。
ログハウス協会が測定したログハウス内のホルムアルデヒド量は、厚生省の基準0.8ppm以下に対し、 なんと「0.03ppm~0.04ppm」とその安全性が証明されました。
天然素材へのこだわり
室内環境汚染や住まいのカビや結露が社会問題になっていますが、日本古来からの木造建築が今、「病んだ建物」になってしまっているのはなぜでしょうか。
一つの原因として、吸湿性のない断熱材と防湿シートで「魔法瓶」のように密閉してしまったことが挙げられます。このことが建物内部の湿気と化学的な建材から放出される有毒物質を封じ込めるなどの様々な問題を引き起こしているのです。
TALOログハウスはログに打ち込むダボも木製、妻面もログ積みです。無垢材をふんだんに使用し、合板ゼロの家づくりを目指しています。それらはすべて住まう家族の健康と建物の耐久性を重んじるからです。

 

 

PAGE TOP